FC2ブログ
Welcome to my blog

薄桜鬼 真改 銀星ノ抄|評価

ゆり子

評価


こんばんは。
いつもご訪問ありがとうございます。
また、やる気ボタンと過去の記事への拍手を押して下さり感謝致します。

銀星コンプしたのでまとめます。
クリアした昨日、上げるつもりで書いていたんですけど、眠くて眠くて繰り越しちゃいました。


※attentionネタバレありの内容です。
また、辛口コメントも含まれる場合があります。
閲覧には各自で注意してください。
宜しくお願い致します。




点数


銀星銀星
【糖度】★★★★☆(4)

【音楽】★★★★☆(4.5)

【キャラ】★★★★☆(4)

【シナリオ】★★★☆☆(3.5)

【イラスト】★★★★☆(4.5)

【総評】★★★★☆(4.1)

クリックするとそれぞれの見出しに飛びます(PC奨励)。



糖度 ★★★★☆(4)


想像よりは甘いと思います。

特に、個別の8はみーんな夫婦で幸せそうでした。
言い方が悪いかもしれませんが、京時代からもう結構甘い空気は感じとれて。
そのキャラってその時期はまだそんなに糖度無かったよね?と思うくらい増し増しな気がしました。
FDの小話ですし、比較的甘いところだけピックアップしたという事かもしれませんけど…。

本編がシリアスな分、糖分補充です。



音楽 ★★★★☆(4.5)


真改の曲も入ってますが、メインテーマや主題歌などは穏やかな曲が多いです。
戦乱の中の比較的心穏やかにいられた時間のお話なので、落ち着ける曲がとても合っていたと思います。

OPとEDは吉岡亜衣加さんが歌っておられます。
薄桜鬼の楽曲でランキング作ったほど亜衣加さんの曲好きです。
曲は激しくないのに力強さが感じられて本当に最高です。



キャラクター ★★★★☆(4)


ご存知かもしれませんが、鬼系統以外は史実の名前の人物が出てきます。
歴史や経歴は半分本物半分ファンタジーという感じです。

ゆり子は古くからプレイしているのでなんともなかったですが。
途切れ途切れの小話なのでFDだけではなかなか人物像は掴みづらいかもしれません。
事前に薄桜鬼のどれか、ベストは真改本編をプレイしていた方が俄然理解がしやすいと思います。

ゆり子は言わずもがな斎藤一最推しです。
今作でも真面目堅物は健在、変わらないものをこそ信じて微衷を尽くす一君が拝めて感無量です。
やはり斎藤一は良い。



シナリオ ★★★☆☆(3.5)


ひとり2時間程度でクリアできます。
ボリュームが少なすぎて物足りなさは否めないです。
月影はまだ未プレイですけど、既に2分割した意味は無かっただろうと思ってます。

小話の構成で、共通章が2つ、各キャラ個別は8つあります。
クリアしていくと補完話が解放されていきます(実質おまけ要素)

1話1話個別のシチュエーションとして楽しむも良し。
薄桜鬼本編をなぞりながらのプレイも良し。
気楽に読めると思います。

ゆり子は中途半端に本編の内容を覚えていたので、思い出せる部分は時系列を意識しました。
平和なほのぼのした話の後は「ああ、この後あの展開来ちゃうのか…」なんて感傷に浸りながら読んでました。
歴史の敗者側からの視点なので厳しかったり苦しかったりするんですけど、もう何年もファンをやってるとヤミツキになってますね。
心を痛めながらも新選組っていいなと改めて思いました。

真改本編の補完については、確かに補完なんですけど。
個人的にはその地の豆知識を教えてもらえるお話でしたね。
新選組縁の地でまったり井戸端話みたいで、キャラとバーチャル聖地巡りみたいな感覚で読んでました。

攻略の順番は誰からでもいいと思います。
地図に沿って進める形式なので、箱館戦争までの間で、より北上するキャラを後回しにするといいかもしれませんね。
坂本→左之さん→新八→一くん→平助→相馬くん の順ですかね。



イラスト ★★★★☆(4.5)


元々のキャラクター原案はカズキヨネさんですが、黎明録以降くらいから四季咲組が絵を担当しています。
(詳しくはわからぬ…)

どちらにせよ、美麗イラストですし、本当に桜が良く似合う…。
ずっと見ていられます。

ちょっと気になったのですが、今作は新選組の羽織は何色設定なんでしょうか。
近藤さんの立ち絵と真改本編の回想スチルだけ白色基調にだんだら模様が紺色、その他はいつもの浅葱色だったんですけど。
どういうことなんだろう…?

スチルは個別が14~16枚、その他が35枚でした。



総評 ★★★★☆(4.1)


薄桜鬼、久しぶりにプレイしましたがおもしろかったです。
今作は真改本編の幕間を取り扱うので、本編をクリアしてからのプレイがオススメです。
一応、あらすじの説明はありますが、理解度がかなり変わってくると思います。
ボリュームはかなり少なめです。

厳しい時代の中で、ほんのひと時の甘い時間を過ごせるある意味貴重な小話集でした。
薄桜鬼のシリアスさにしんどくなったら羽休めして欲しいなと思います。

薄桜鬼をお好きでしたら是非プレイしてみてください。


ここまでご拝読くださりありがとうございました。

よっしゃ終わりました。
まだ月影が残ってはいますが、10年経とうが変わらず斎藤一が一番好きなゆり子でした。

さてと、お次はキュピパラをプレイします。
ブライダルアドバイザーになりきります!

ではまた次回👋





いつもありがとうございます。
良ければ璃空をポチっとしてください°˖✧♡

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply